サロンドエルコムの活用方法

 

1.顧客識別戦略の提案 … ひとり一人のお客さまを大切にして、何度も来ていただいて売上をUPする。

現状分析   目標設定   ・効果測定
お客さまをランク分けした時に、どのランクのお客さまが何人いらっしゃるか、来店サイクル・客単価・利用金額を知ること。   売上目標達成のために、どのお客さまにどう働きかけて、回数・単価をどう増やせばよいか、ランクアップの目標を設定する。   ひとり一人のお客さまが何回来てくれたか、単価が上がったか、ランクアップがどれだけ進んだがを効果測定します。
         
年代地域分析   ・識別比較表(未公開につき、お問い合わせ下さい)
年代・地域別に、客数・売上・来店回数・単価などを比較します。   年代地域分析を、期間を指定して動きを見ることができます。
     
ユーザさまの声
(S美容室)
 期間ごとに 『顧客識別プログラム』 を使って、各店の上位のお客様(贔屓客・得意客)を調べています。贔屓客は青色、得意客は赤色で表示されますので、紙のカルテにも同じ色のマーカーで『印(しるし)』をつけておくんです。そうすることでそのお客様の担当ではないスタッフも、 “お店にとってかけがえのない貢献をしてくださっているお客様” ということが本当によくわかります。 あと、ランクごとに決めている “お声かけ” や “表現” 等もありますので “接客の公平化” “サービスの個客対応” にも一層役立っている感じですね。こうなると、 『顧客識別プログラム』 はもう手放せませんね。
   

HOME

 プライバシーポリシー
Copyright (C) ELCOM DATA SYSTEM CO.,LTD. All rights reserved.